セミナーを有効活用するコツ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

いろいろな治療セミナーに参加しても
有効活用できないとよく聞きます。

 

 

せっかく貴重な時間と高いお金を払って
参加したにもかかわらず
なぜ、そうなるのか?

 

お金

 

「最後まで教えないから」ということも
少なくないようですが、本当の原因は
全く別のところにあるようです。

 

 

私が感じたポイントは・・・
「実際の現場として捉えていない」

 

 

別の言い方をすれば・・・

 

 

「そのまま現場でやろうとしている」
のではないでしょうか?

 

 

多くの治療セミナーは
実際の現場ですぐ応用するには
説明不足の部分があります。
応用するには工夫が必要です。

 

工夫

 

知識はインプットできますが
現場で活かそうと思うならば
アウトプット用の変換が必要です。

 

 

私のセミナーや講座では
「そのまま使える」様に
意識して構成していますが
多くのセミナーは違います。

 

 

アウトプットレベルに変換する場合
最も必要なことは何でしょうか?

 

 

それは言うまでもなく
アウトプット変換後の
絶え間ない練習
しかありません。

 

自主トレ

 

人の記憶は、すぐ薄れてしまいます。
そして変換した直後というのは
まだ自分のものではありません。

 

 

そこをしっかりと理解し
体に刻み込む
必要があります。

 

 

24時間後に記憶として残るのは
3%未満と言われています。

 

 

自分のものにするためには
何はともあれ練習しましょう。

 

 

猫背矯正の施術が30日で学べる猫背矯正テクニック動画講座