自分の売りで 2つのサービスを作り出す方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

昨日は、

 

「自分の売りを
より高単価で売り出す方法」

 

についてお話ししてきました。

 

 

 

売りのメニューの単価を上げ、
その前に関連性があり、
集客出来るメニューを
持ってくるというお話でした。

 

 

 

今日は、

 

自分の売りから
サービスを2つ作り出す方法です。

 

 

 

ここのところ出ている、
「花粉症治療」を例に挙げます。

 

 

 

花粉症の方は、
基本的に「今すぐ解決したい」
という悩みがあります。

 

 

 

◇目のかゆみをどうにかして欲しい

 

◇鼻水、鼻づまりがつらい

 

 

こんな感じだと思います。

 

 

 

よって花粉症のシーズンになると、
目薬や点鼻薬、マスク、ティッシュが
たくさん売れるのです。

 

 

 

要するに対症的なメニューがあると
いいですよね?

 

 

 

○その場で目のかゆみがなくなるメニュー

 

○その場で鼻が通るメニュー

 

などです。

 

 

 

これらのメニューは、
集客用に使いたいので、
短時間で出来て、
価格帯もそんなに高くしなくていいです。

 

 

 

またこのメニューでこまめに来てくれる方もいれば、

 

「いや、根本的に治さないと・・・」

 

という方も出てきます。

 

 

 

そういうときのために、

 

根本的に花粉症を治す為のメニュー」

 

を用意しておくのです。

 

 

 

少し高単価で、「体質改善」を謳うのです。

 

 

 

ただポイントがあります。

 

 

 

この「体質改善」のメニューは、
単発では用いないで下さい。

 

 

 

体質改善ってみんながしたいと思っていても、
そこに始めからお金を出す方は、あまりいません。

 

 

 

よってまずは患者様との信頼関係を築く
必要があるのです。

 

 

 

まずは目のかゆみや鼻の治療を行ない、
ここで信頼を勝ち取ってから
本来お勧めしたいメニューへ移行するのです。

 

 

 

このように、自分の売りを「細分化」し、
それぞれに対応するメニューを作って提案すると
対象も区分化されるので集めやすいのです。

 

 

 

 

 
<