【チャート&動画特典付き】赤字の治療院が 今すぐ取り組むべきこと 「猫背矯正マイスターメールマガジン」

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

 

 

治療院に利益が出ていない、もしくは赤字の院において、取り組み方をお伝えします。

同時に猫背矯正の技術ノウハウだけでなく治療家としてのあり方治療院経営について学べ、「オンリーワンな治療院」を作ることができます!

 

こちらにこれからの治療院業界において、重要なことを書かせていただきました。ぜひお読みいただければと思います。

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

姿勢と心を整え、「治せる治療家」を育成するプロフェッショナル、 猫背矯正マイスター®小林篤史です。

 

 

このメルマガでは、治療院業界の中で今必須のメニューと言われている姿勢系メニューの代表格、

 

 

 

「猫背矯正」

 

 

を中心に、施術テクニックやノウハウ、そしてマーケティング、マネジメントなども含めた治療院経営戦略についてお伝えしております。

 

 

治せる、そして治療院経営がしっかりできる先生を育成する、一般社団法人日本施術マイスター養成協会とは

 

 

セミナー講師をしていて気づいたこと

私、小林篤史は2009年から治療家向けセミナー講師を行なっている中で、気づいたことがあります。それは、

 

「治療家が施術に当たる上で最も大切なことを教わっていない人が大半である」

 

ということでした。

 

この「最も大切なこと」を理解していなければ、最低でも知らなければ、どんなにいい先生に師事しても、どんなにいいテクニックを習っても、患者様を治せません。逆にそれさえ理解していれば、持っているテクニックが1つであっても、たとえそれが指圧だったり軽擦だったり鍼だったり低周波だったりしても、結果は出せるのです。

 

※その一番大切なことについては、特典動画をご覧ください。

 

その「最も大切なこと」において、私は当時の師匠から習いました。そのおかげで私は、テクニックには絶対的な自信を持ち、どんな患者様がきてもいい状態を作りつつあります

 

 

それに加えて、現時点での治療院業界の問題とは?

 

私が2012年に一般社団法人日本施術マイスター養成協会(以後マイスター協会)を立ち上げたのは、そのような理由からです。せっかく頑張っている先生方に活躍してほしい、そのためにできることから始めたのです。

 

しかしながら、それに加えて協会を運営しながらもう一つ問題に気づきました。それは「腕の良く、人間性のいい先生方が、儲かっていない」という現実です。

 

整骨院をはじめとした治療院業界も、過当競争の時代を迎えました。今までは、整骨院経営者は、保険診療中心という日本独特なビジネスモデルに守られてきました。しかしその保険診療が厳しくなり、経営できない先生が出てきたのです。

 

2010年頃、そのような最中に技術に特化した先生が多く出てきました。技術で治療院の中で技術で差別化しよう、そういう動きが始まったのです。

 

しかしながらもここ2、3年見てきて、その技術による差別化が通用しなくなってきました。その理由はいたってシンプルです。

 

 

治療院経営ができない先生が潰れている

 

結論として、技術はあって当たり前で、治療院経営ができない人が苦戦を強いられているのです。これは飲食店でいう、カリスマ系オーナーシェフが上手くいっていないのと同じ論理です。

 

つまり、

○「魅力的な治療院を作る」という企画面

○その院に患者様を呼び込むというマーケティング面

○より価値のあるメニューを作り、ご提案するというセールス面

○継続してお越し頂くためのリピート施策

○そして、それらをスムーズかつスマートに実行すること

 

これができないでいるのです。

 

 

テクニックと同時に治療院経営の問題も解決する、マイスター協会の猫背矯正とは?

 

 

猫背矯正の話を猫背矯正と聞くと、「猫背を治すテクニックと理論」と思われがちです。確かに猫背は治しますが、それだけではありません。行なっていることは、「治る環境づくり」です。

 

猫背によって出ている腰痛・肩こり・頭痛・股関節の痛み・背中の違和感などを改善する

「姿勢から身体を治す」という考えの元、猫背矯正は生まれました。しかしながら漠然と背すじを伸ばしても、腰痛や肩こりなどは改善しません。場合によっては悪化することもあるでしょう。

 

よってそれらの考え方を伝えていきます。

 

 

患者様が猫背を自分で治す方法の共有

患者様は私たち治療家が治すものではありません。私たちは導くことができるだけで、本当に治すのは患者様ご自身です。

 

よって私たちは治し方も共有します。どんな施術をすれば治るのか、自分で行うとしたらどうすればいいのか、このあたりも共有していきます。

 

 

患者様とのコミュニケーション

いくら施術が上手くても、患者様がその治療家を受け入れてくれなければ、始まりません。つまり人と人との関わり合いなのです。

 

よってコミュニケーションについても共有しております。

 

 

猫背矯正という自費診療を用いた整骨院ビジネスモデル

特に開業している先生の場合、業績は気になるところです。しかし技術だけあっても業績は上がりません。収益が得られるビジネスモデルを作っていく必要があるのです。

 

マイスター協会の猫背矯正には、「この通りに行えばいい」というビジネスモデルを組み込んでおります。教わった通りに行えば結果が出るというものです。

 

よって小難しい経営のノウハウなくとも、指導した通りに行えば、業績に反映することが可能なのです。

 

その他

その他ですが、猫背矯正自体を自分の強みとリンクさせたり、独自の展開も可能です

 

 

またマイスター協会において、年に2回全国で4会場で猫背矯正ベーシックマイスター養成講座を行なっておりますが、まずはメールマガジンにてどんなことを行なっているのか、見ていただければと思います。

 

メールマガジンに登録して勉強できること

 

□猫背矯正のテクニックと理論について

□選ばれる治療家になるための秘訣

□治療院経営関連(集客、自費導入、リピート、従業員教育など)

□治療家プロデュース理論

□その他諸々の情報提供

□あとは小林篤史がその場で必要だと思った情報

 

 

今回のメールマガジン登録者特典はこれ!

 

以下の動画をプレゼントしております。

 

1、「赤字の治療院が必ず行わなければならない3つのこと」の動画

※3本セットです。

 

2、「赤字の治療院が必ず行わなければならない3つのこと」のPDF

 

 

 

こちらから登録し、受け取りください!

 

 

 

 




 

こちらの動画を先にご覧ください。

 

~赤字の治療院が必ず行わなければならない3つのこと~序章をアップしています。

 

 

画像をタップして飛ばない場合はこちらからお願いします。

 

 

 

 

 

少しこんなお話もしておきますね。

今の時代に生き残るには、3つあります。

 

1つが「本物であること」

 

2つ目として「時代に則したものであること」

 

最後に、「専門性に特化したものであること」

 

 

アナタが治療家として本物になるには、まずは根本的な原因患者様目線でしっかり説明できることです。

 

 

そのためには、「姿勢から治す」というのは、一つのキーワードになります。

 

 

また一般人目線として、「姿勢が悪ければ、肩こりや腰痛が起きやすくなる」ことは、常識となっています。

 

 

「猫背矯正」と聞くだけで、「姿勢を治すメニュー」という認識は出てきますよね?

 

 

当協会の「猫背矯正」は、骨盤から脊椎、肩関節、頚椎、後頭骨などあらゆる関節を整えるテクニックを駆使します。

 

 

これも、ただ「猫背が治った」というだけでなく「アナタの猫背の原因は、○○にあります」から入るので、より猫背の専門家としての位置づけになってきます。

 

「猫背矯正」を用いた治療院経営についても無料でお伝えしていますので、かなりのノウハウの詰まったメール講座になっています。

 

 

 

「猫背矯正マイスターメールマガジン」で、アナタの治療家、治療院経営者としての視点を広げて下さい!

 

 

 





 

 

 

 

 

 
<