治すのも重要だが、 こっちも大切!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

プロ野球DeNAの中畑清監督
2015年の前半戦を湧かせた、
要因を作った本人だと思います。

 

 

 

 

 

 

実は9月初旬を終わった時点でDeNAは5位。
最下位争いをしています。

 

 

 

これは昨年の成績より
下回っています。

 

 

 

こういうことがあると、

 

「来年から違う監督で・・・」

 

と言われてもおかしくありません。

 

 

 

でも中畑監督は、クビにはなりません。

 

 

 

いったい何故だと思いますか?

 

 

 

それは成績より、業績にあります。

 

 

 

現在DeNA主催試合では、
売上が右肩上がり

 

これには企業努力もあるのですが、
中畑監督のサービス精神的なものも
あると思います。

 

 

 

5位にも関わらず業績を上げられる、
そんな監督をほうっておきますか?

 

 

 

中畑監督次第ですが、
現時点では辞めることはないでしょう。

 

 

 

これを治療家に例えます。

 

 

 

あなたが治療院経営者なら、
テクニックはあるが売上を上げていないスタッフと
テクニックは落ちるが売上をバツグンに上げているスタッフ、
どちらを雇いますか?

 

 

 

治療院経営者なら後者でなければなりません。

 

 

 

テクニックがあるけど売上を上げていない、
そんなスタッフは、
この先売上を上げれない可能性があります。

 

 

 

売上は意識していないと上がりません。

 

 

 

もし経営者として指示を出しているにも関わらず、
売上があがってこなかったら、
もしかしたら指示の守れないスタッフかもしれません。

 

 

 

そういうスタッフは、
社会人として失格です。

 

 

 

逆にテクニックはそんなでもなくても
しっかり指名をとったり売上を上げているスタッフは、
会社側の意向に応えていることになります。

 

 

 

こっちのスタッフを重用すべきです。

 

 

 

こういうところまでしっかり考えて
行なっていくべきです。