腰痛の施術力を左右する 多裂筋・回旋筋へのアプローチ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

腰痛の施術というと、
マッサージや脊椎や骨盤の矯正、
が挙げられます。

 

 

ただ原理原則として、

 

「どこに負担がかかって、
今の腰痛を引き起こしているか」

 

なわけです。

ごく当たり前の話ですが、
これを見極めなければ、
その痛みを取り除くことは出来ません。

 

 

その中で基本的な施術として
行なって欲しいことがあります。

 

 

それは、

 

「多裂筋・回旋筋への施術」

 

です。

なぜ多裂筋・回旋筋への施術が必要かというと、
この部分が脊椎を直接支える筋肉だからです。

 

 

つまりこの多裂筋・回旋筋は、
他の脊椎を支える筋肉より
疲労しやすいですよね?

 

 

 

またこの部分が硬くなれば、
脊椎自体の動きが悪くなるからです。

 

 

多裂筋・回旋筋は、
脊柱起立筋と比べて小さいので
分かりづらい筋肉ですが、
この部分をいかに触れ、
いかに施術するかです。

 

 

これから腰痛だけではなく、
背部痛、頚部痛、肩こりなど
脊椎が関わる症状において、
この2つの筋肉への施術は
出来るようにしておいて下さい。