猫背矯正施術は3分類

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

猫背のタイプは覚えていますか?
何度もやったのでお分かりだと思います。

 

 

円背(えんぱい)型猫背
前肩型猫背
顔出し型猫背
首なし型猫背

この4つでした。

 

 

 

 

これらは主に患者様の症状の
外観を元にして分類されています。

 

 

背中が丸まる円背型
肩が前方に出る前肩型
顔が前に飛出す顔出し型
首が肩にめりこむ首なし型

 

 

ただ、治療家として認識してほしいのは
あくまで患者様説明用ということ。

 

 

 

 

素人である患者様に対しては
外観で説明した方が分かりやすいからです。

 

 

施術に関しては別の分類があります。
施術する部位に応じた分類法です。
今回も復習になります。

 

 

1)骨盤・脊柱型
2)肩関節型
3)頭・頸部型
この3つです。

 

 

 

 

猫背矯正の施術対象は
背中だけではありません。

 

 

基本は筋肉の短縮を除去しますが
そのための「考え方」が重要になります。
治療家としてのあなたの腕が問われます。

 

 

ここはとても重要な概念です。

 

 

「正しい位置にお椀を戻す」
が、考え方の一つでした。
思い出せましたか?

 

 

学習は繰り返しの蓄積です。
何度も自分自身に力が付くまで
恥をかいても愚直にやることです。
次回から各分類を解説していきます。