形状記憶を打破する方法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

元に戻ってしまう「形状記憶」は
断固打破してしまう!
以外に方法はありません。

 

 

 

 

どのように打破すればよいでしょうか?
それは打破のポイントを押さえて
信念を持って打破することです。

 

 

打破するポイントは5つ。

 

 

1)筋肉(筋膜)
2)軟部組織
3)骨格
4)運動感覚
5)位置覚

 

 

筋肉(筋膜)には
元の適切な位置や動きを
教育する必要があります。

 

 

それを週1回
3カ月継続します。

 

 

3カ月掛ける理由は
筋線維が入れ替わるまでの期間
目安はだいたい半年から1年かかる。

 

 

つまり3ヶ月ほど経てば、
改善する形が見えてくるのです。

 

 

ちなみにウエイトトレーニングで
効果が見え始めるのが、だいたい3カ月です。

 

 

これは筋線維が負荷に耐えるように
変化する期間と重なります。

 

 

経験からすると
猫背矯正を始めて3ヶ月後位から
筋肉の質が変化する「変化」が現れる。

 

 

 

 

軟部組織は簡単には操作できません。
だから正しい働きを「筋肉を介して」
軟部組織に教育するようにしてください。

 

 

3番目「骨格」のポイントは2つ。

 

 

1、歪みは矯正する
2、関節にしっかり動きを付ける

 

 

運動感覚の打破は
正しい使い方を体で覚えてもらう

 

 

特に猫背の人は肩関節が内旋しますから
正しい使い方を覚えてもらってください。

 

 

最後は位置覚です。

 

 

これも正しい位置を
しっかり知ってもらいます。

 

 

視覚と体性感覚が修正されると
本人が勝手に修正をやり始めます。

 

 

この教育ができるかどうかで
全てのことが決まってくるのです。