腰痛施術への2つのポイント

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

腰痛の施術ではマッサージのほかに
脊椎や骨盤の矯正などが挙げられます。

 

 

ただ原理原則としては
「腰痛を引き起こす原因はどこか?」
を見極めなければなりません。

 

 

当たり前のことですが
腰痛の原因となる部位が分からないと
その痛みを取り除くことは出来ません。

 

 

その施術を行う際に実施してほしいのが
「多裂筋・回旋筋への施術」です。

 

 

 

 

多裂筋・回旋筋への施術がなぜ必要か?
それは脊椎を直接支える筋肉だからです。

 

 

つまり多裂筋・回旋筋は
他の脊椎を支える筋肉より
疲労しやすい部位ということです。

 

 

さらにこの部分が硬くなれば
脊椎自体の動きが悪くなってしまいます。

 

 

多裂筋・回旋筋は脊柱起立筋と比べて
小さくて分かりづらい筋肉なのですが
ここをいかに触れ、いかに施術するかです。

 

 

これからは腰痛だけではなく
背部痛、頚部痛、肩こりなど
脊椎が関わる症状でかなり使えるので
多裂筋・回旋筋対策をマスターしましょう。