超一流になれる絶対条件とは

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

久しぶりに野球の話をします。

 

 

私が心底尊敬する選手に
前田智徳という選手がいます。

 

 

 

 

もう引退した選手ですが
「天才バッター」として知られ
多くの野球ファンに慕われています。

 

 

元中日監督の落合GMの言葉より

 

 

「今の日本球界に2人の天才打者が
いると思う
。1人はイチローで

もう1人が前田なんだ」

 

 

名指しされたイチロー選手は
「自分は天才じゃない。
天才とは、前田さんみたいな人」

と答えています。

 

 

でも前田本人は
そんな姿を絶対に見せません。

 

 

「天才なら.380や.390を打ちます。
僕は並の選手なので3割くらいです。
お前は選ばれた人間じゃないんだから
神様がここで怪我して頑張れよ
試練を与えてくれたのでしょう」

 

 

これらのコメントを読んで分かるように
求めるレベルが異常に高いのです。

 

 

特に練習風景は
周りの選手から見ると
鬼気迫る感じがあったようです。

 

 

「それこそ武士みたいな表現をされるけど
まさにそのとおり。独特の世界を持ってる。
あれは命かけた真剣勝負してます。
野球じゃない何かに命かけてます

(緒方孝市・広島カープ監督)

 

 

最近感じるのは
治療家にもこんな侍(サムライ)的な
人がいなくなった・・・
と、いうこと。

 

 

どうにかしてやってやろう!
と、ここまで追求している人が
少なくなったように感じます。

 

 

こんなことを言うと聞こえてくるのが
技術を追求してもやっていけない
という声でしょう。

 

 

確かにそういう時代に突入してることも
理由の一つであることは認めます。

 

 

しかし、だからといって
技術を勉強しなくてもいい
という理由にはならないと思います。

 

 

私もかつては鬼のように技術を磨き
医学書を必死の形相で読んでいました。

 

 

当時は20代後半のころ。
まだこの業界に入ったばかりでした。

 

 

私は2000年に25歳だったのですが
このころTVを見た記憶が
ほとんどありません。

 

 

だから当時流行ったドラマや
音楽などは全く分かりません。

 

 

当時は服もほとんど持っていませんでした。
今思うと、とてもかっこわるい時代です。

 

 

しかし、そんな時代だったからこそ
今の自分があると思っています。

 

 

このブログを読んでいる方には
学生だったり、まだこの業界では
まだ間もない方もいらっしゃるでしょう。

 

 

そのような方にアドバイスできることは
どんどん自分の技術を磨く
これが後で宝物になるのです。

 

 

前回のブログで猫背になる原因は
患者様の思考・意識が原因と伝えました。

 

 

治療家として超一流になれるかどうかも
同じように 意識と行動 です。

 

 

今日の最後に言葉を贈ります。
若いうちに流さなかった汗は
老人になって涙となって体から出る。