骨盤角度について

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

円背型猫背を診るポイントは
「骨盤角度」と「背中の硬さ」でしたね。

 

 

では骨盤角度による
骨盤位の治し方についてです。

 

 

骨盤角度については
どこを見たらよいでしょうか?

 

 

 

そうですね。

 

前傾しているか?
後傾しているか?

 

ここを見てくださいね。
前傾している場合は殆どが
腰椎が前弯しています。

 

 

そして骨盤が後傾していれば
多くのケースで骨盤が前方移動しています。

 

 

施術ポイントのポイントは
前方移動した骨盤を
正常位に戻す
ことです。

 

 

では何をすれば正常位に戻るでしょうか?

 

 

それはまず「短縮筋を見つけ出す」こと。

 

 

骨盤・股関節周辺の「短縮筋」です。
そして短縮筋を緩める必要があります。

 

 

これを「施術解剖学」で説明すると

 

【骨盤前傾位】
○大腿直筋
○腸腰筋
○脊柱起立筋

○大腿筋膜張筋

 

【骨盤後傾位】
○ハムストリングス
○腹直筋

 

 

それぞれを緩める作業になります。

 

 

次回は背中の施術法で円背型を攻略します。

 

 

 

猫背矯正の施術が30日で学べる猫背矯正テクニック動画講座