得意なことに集中せよ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

日本のプロ野球界に
山田哲人という選手がいます。

 

 

 

 

なぜ彼が注目されているか
野球ファンならご存知でしょうが
興味のない方のため、ご説明します。

 

 

彼は2015年に日本プロ野球史上初の
本塁打王・盗塁王を同時獲得しました。

 

 

さらに、65年ぶりで史上3人目に当たる
トリプルスリー・100打点を同時達成しました。

 

 

彼は2010年ドラフト1位で
東京ヤクルトスワローズに入団しました。

 

 

エリート中のエリートみたいですが違います。
1位と言っても「外れの外れ」でした。

 

 

 

 

当時ヤクルトがドラフト1位で指名したのは、
斎藤佑樹だったのです。

 

 

そのクジを外したヤクルトは、
塩見貴洋投手を指名して楽天に取られ
結果的に山田選手の獲得になりました。

 

 

山田選手は超高校級の球児でしたが
すぐに1位にならなかった理由は…

 

 

「バッティングと脚はピカイチだが
守備に難あり」
という評価でした。

 

 

プロでショートを守っていましたが
その守備に難が出てしまいました。

 

 

そのことによって仕方なく
セカンドに落ち着いたのですが
これが強みを発揮することになりました。

 

 

守備にウェイトを置くショートに比べたら
セカンドの方がバッティングに専念出来ます。

 

 

これが「自分の得意分野で結果を残す」
きっかけになったのです。

 

 

その結果は前述の通りです。

 

 

治療院経営には何も関係なさそうですが
大いに関係することがあります。

 

 

それは「自分の苦手な部分はやらないこと」
そして「得意な部分に専念する」方が
いい結果が得られるものだからです。

 

 

皆さんは経営者なので
何でも自分でやらなきゃ…
または自分でやるべきだ!

 

 

そのように思っている方も少なくないでしょう。

 

 

今までやったことのない戦略作りに苦戦したり
ブログが書けずにいろいろ苦労したり
センスがないのにチラシを作ったり
という経営者を多く見掛けます。

 

 

特に一人治療院経営者に多く見受けられます。
でも自分の得意の施術一本に絞れたら…
どんなに楽なのでしょうか?

 

 

知り合いの治療家は単価を高めていますが
彼はすべてスタッフに任せています。
自分は施術オンリーです!

 

 

まずは自分の活躍出来る環境を作りましょう。