一流の治療家になるための 「4つの輪」とは?

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

今日のテーマは
一流の治療家になるにはどうすればいいか?
について掘り下げていきたいと思います。

 

 

一流の治療家になる方法に
「4つの輪」というものがあります。

 

 

4つの輪とは同心円の輪のことで
外側から順番に修得レベルを指します。

 

 

テクニック(知識、技法)
スキル(技量)
ノウハウ(体系化された方法論)
そして中核は「マスター」(悟り)です。

 

 

最初はどうしてもテクニックから入ります。
テクニックばかり追いかける人は
周りをグルグル回り続けます。

 

 

ここから脱するためには
スキル(技量)レベルに移動することです。

 

 

テクニックとスキルの言葉は似ていますが
レベルが全く違います。

 

 

スキルとは「使いこなせるかどうか?」
知識や技法と「技量」との違いです。

 

 

そして使いこなせる技量を身に着けたら
自分なりに確立した「ノウハウ」
創り出してください。

 

 

そして最終的には
マスター(悟り)を開きましょう。笑

 

 

4つのレベル差を自分なりに
強く意識してイメージしてください。

 

 

一流の治療家と三流の治療家の違いは
どれだけの患者様が自分の信者になるか?

 

 

患者様が信者に昇華してくれたなら
勝手に布教していただけます。笑

 

 

しかも布教のたびに信者が増えて
誰もが喜んでくれる善循環になります。

 

 

こんなに素晴らしいことはありません。

 

 

では一流の治療家になる4つの輪
もう一度おさらいします。

 

 

外側から順に
テクニック(知識、技法)
スキル(技量)
ノウハウ(体系化された方法論)
マスター(悟り)です。

 

 

ぜひ善循環の輪を回しながら
マスターの悟りを目指しましょう。