「まっすぐが分からない」の治療法

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

昨日は「まっすぐが分からない」でした。
今日はその治療法です。

 

 

分からないならば、どうすればいいのか?

 

 

これを治すためには当然ながら
「まっすぐ」を知ることです。

 

 

方法は実に簡単です。
「鏡を見る」だけです。

 

 

姿見
 

 

 

 

人は毎日鏡を見ていますが
実は多くの人は見ていません。

 

 

見ているのではなく
「漠然と眺めている」だけです。

 

 

だからこそ、意識して見てもらいます。

 

 

鏡を見るたびに
まっすぐかどうかを意識して
確認する習慣を伝えるだけです。

 

 

それだけで、その人の
生活習慣を変えることになります。

 

 

さらに、意識してもらうことがあります。

 

 

それは左右両側の筋肉を
同じように使うことです。

 

 

寒いと体が縮こまります。
猫背になりやすいですよね。

 

 

その原因は
寒い状態がストレスを感じる
ことが原因で起きる状態です。

 

 

ストレス下にある筋肉には
無意識に力が入ります。

 

 

しかも利き腕側に入ります。
無意識に利き腕側の
奥歯をかみ締めるからです。

 

 

右利きの人が右側の筋肉が
ガチガチになる原因です。

 

 

そこを重点的に改善すれば
これらのことは解決できるのです。

 

 

つまり、物事には因果関係があります。

 

 

漠然とした対処療法ではなく
因果関係をキチンと見極めて
説明や施術をする。

 

 

そのような治療家が求められます。

 

 

ここをキチンとイメージできる人は
かならず成功することができます。

 

 

物事の「本質」は意外と単純です。

 

虫眼鏡

 

それらを見極めるクセを付け
それに基づく行動を取りましょう。