「顔出し型猫背」の治し方は 胸椎1、2番を攻略せよ

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

「顔出し型猫背」について。

 

 

顔出し

 

 

本日は、胸椎の1、2番を用いた
治し方を伝授します。

 

 

昨日もお話しした事実ですが…
実は「顔出し型猫背」は
かなり治りづらいのです。

 

 

その中で、施術ターゲットの1つに
胸椎の1、2番を挙げました。

 

 

では実際の施術法です。

 

 

1)頚椎7番〜胸椎3番くらいまでの
棘突起の際がかなり硬くなっています。
その部分をダイレクトストレッチで緩めます。

1

 

 

2)患者様を仰向けにして
同じように棘突起の際に対して
ダイレクトストレッチを行います。

 

 

3)上部胸椎から下部頚椎にかけて、
筋線維に沿って、なじませます。

 

 

こうすることで、
最難関の胸椎1、2番付近の施術が完了。

 

 

しっかり遊びがついたかどうか?
しっかり確認しておいて下さい。

 

 

ただ、これだけでは難しいときがあります。

 

 

ときどき矯正した後、
顎が上がってしまう例があります。

 

 

 

 

これは一時的の矯正で
数分で元に戻るでしょう・・・

 

 

理由は簡単です。
この顔が上がった状態で
生活が出来ないからです。

 

 

続きは明日。

 

 

 

猫背矯正の施術が30日で学べる猫背矯正テクニック動画講座