前肩型は肩甲骨を寄せても改善しない。

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

「猫背は肩甲骨を寄せると改善する」

 

肩甲骨

 

そう思われている方は多いでしょう。
都市伝説のようなこの話が生まれた
背景とは何でしょうか?

 

 

この話が独り歩きし始めたきっかけは
いつの頃からか定かではありません。

 

 

実際は肩甲骨を寄せるだけだと
すぐ元に戻ってしまいます。
理由は簡単です。

 

 

ただ肩甲骨を寄せるだけでは
前肩型猫背の原因になっている
「大・小胸筋、三角筋前部」
これらの短縮が取り除けません。

 

もやもや

 

「前肩型猫背」を改善する前提として
「大・小胸筋、三角筋前部」を緩める
ことが不可欠になるからです。

 

 

この緩め方が一番のポイントです。

 

 

これら3つの筋肉を緩めるために
「ちょっとした知識とテクニック」
大いに皆さまの手助けになります。

 

 

特に大胸筋を緩めること
最大のポイントになります。

 

 

大胸筋を緩める理由は何でしょうか?

 

 

「大胸筋が短縮しているから・・・」

 

 

その通りですが
その短縮筋を緩めたとしても
すぐ元に戻ってしまうのが現実です。

 

 

私が提唱する「形状記憶理論」でも
「潰れたボールは元に戻る」

 

 

短期的に見ると
2~3日後、筋肉が元に戻る
という可能性は十分あります。

 

 

ところが実際に続けていると
今まで硬かった大胸筋が
少しずつ緩みます。

 

 

3ヶ月後には「前肩が治った!」
という状態を体験します。

 

 

姿勢

 

肩甲骨を寄せる必要は
全くありません。

 

 

今日は短時間の動画を使って
「大胸筋の緩め方」をお伝えします。

 

大胸筋治療

※動画はこちらからもご覧になれます。
https://www.youtube.com/watch?v=l_XG3F1vr38

 

 

大胸筋を緩めるポイントは次の3つ。

1)肩関節のポジショニング
2)指の使い方
3)動かす方向

 

 

これをしっかり行うことで
1分以内の短時間で
必ず緩みます。

 

 

ところが大胸筋を緩めても
「前肩型猫背」が解消しない
というケースは確かにあります。

 

 

そんな方たちのために次回は
「小胸筋の緩め方」をお伝えします。

 

 

 

猫背矯正の施術が30日で学べる猫背矯正テクニック動画講座