なかなか手ごわい 「顔出し型猫背」攻略ポイント

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

猫背4タイプの3つ目
「顔出し型猫背」
についてお伝えします。

 

 

「顔出し型猫背」は文字通り
顔を前に突き出した猫背です。

 

顔出し

 

よく患者様が気にするのは
背中が丸くなる猫背より
このタイプでしょう。

 

 

なぜかというと
顔が前に突き出ているので
見た目を気にするから

 

最近はどんな仕事でも
パソコン作業が増えており
根を詰めるとなりやすいのです。

 

 

椅子に座るとき浅く座ると
その反動で顔が突き出し
このタイプになります。

 

 

猫背のタイプとしては
比較的多いものです。

 

 

認識してほしいことは
「顔出し型猫背」タイプは
やっかいな猫背ということ。

 

 

治りにくい猫背ということを
まず認識してください。

 

 

その上で攻略法をお伝えします。

 

 

顔が前に出るときは
胸椎1、2番付近から
首が前方に傾く場合が多いのです。

 

 

※写真でご覧下さい。

 

顔出し型

 

多くの治療家たちが
「猫背だから」という理由で
背中ばかり施術してしまいます。

 

 

残念ながら、このパターンの場合
背中をいくらいじったところで
絶対に改善しません。

 

 

狙うポイントはズバリ!
その出っ張っている
胸椎1、2番なのです。

 

 

この部分に「遊び」がない限り
この猫背は絶対改善しません。

 

 

それなのに
この胸椎1、2番は
とても施術が困難な部分です。

 

 

施術が困難な理由は
「肋骨が邪魔するから」です。

 

 

驚く

 

この理屈をまずは
しっかりと覚えてください。
次回、具体的施術法を説明します。