「整骨院の売り」が明確になり、分院展開に成功!!

Share on Facebook
Share on LinkedIn

【受講生の声②】

みらく鍼灸整骨院 大山恭史

(兵庫県伊丹市、西宮市)

 

突然ですが質問です。あなたの院の売りは何ですか?

その売りは患者様が明確に理解できていますか?

 

 

実はこの質問をある方から投げかけられたときに、私は答えられませんでした。

業界歴はそれなりに長かったのですが、経験だけで過ごしてきたのか?と考えさせられる質問でした。

 

 

他院と比べて自院は何が違うのか?

施術に自信はあるが、ターゲットはどこにあるのか?

幅広い人だけ診て、他院に勝てるのか?

 

 

色々な考えが頭を駆け巡り、腑に落ちる部分が見つからず、「ヤバい・・・」と思ったのです。

 

 

ちなみにこの質問の主は誰だったかというと、猫背矯正創始者小林篤史先生です。

小林先生が関西初で行ったプレセミナーからこの自問自答が始まりました。

 

 

色々と考えた結果、悩むならまずそこへ飛び込んでみようと思い、猫背矯正ベーシック養成講座を受講したのです

 

 

結論から言ってしまうと、大正解でした。

 

 

まず施術面、猫背矯正とは姿勢から診る全身矯正であり、姿勢からのアプローチは非常に理に適っています。

理論体系も整っており、素人からでも理解でき、結果も出せる再現性のある治療法だからです

 

 

というのも、私は業界歴1ヶ月のド素人スタッフを連れて一緒に受講したのです。

でも今では指名もたくさん取れる立派なスタッフになっています。

 

 

また他の施術系のセミナーと、猫背矯正ベーシックマイスター養成講座が一線を画している点があります。

 

 

それは

 

「ただ施術を習得するのセミナーではなく、導入方法や収益を上げる為のマーケティング方法まで共有してくれる」

 

ことです。

 

 

小林先生の院や提携院での事例や、失敗談なども教えてもらえます

そうすることで、より自院で何をするのか落とし込みができるのです。

 

 

結果的に猫背矯正を導入する事で、自費稼働率は爆発的に高まりました。

 

 

猫背矯正でも30分5,000円の施術ですが、キッチリ3ヶ月継続して受けてもらえます。

しかも当院には猫背矯正を行なえるスタッフが4名おります。

その4名が頑張れば、自費稼働率が上がるのは必然ですよね?

仕組みをそのまま導入しているので、毎月自費は猫背矯正を含めて70万~80万円は上がっています。

 

 

おかげさまで、昨年7月に念願の分院を開院し、軌道に乗せることができました。

 

 

また他業種からもお声が掛かり、姿勢についてのセミナーや、イベントに出展して欲しい、とご依頼も多数頂いております。

 

 

患者様が喜んで3ヶ月の猫背矯正を受け、さらにしっかり収益を上げられる。

そこから外部との関わりを持ち、地域貢献を図りながら遠方からも患者様が来院されるようになる。

 

 

私は平凡な治療家でしたが、院の軸がはっきりする事で頼られる先生になれたと思っています。

そのきっかけは、間違いなく猫背矯正であり、小林先生との出会いであると言えます

 

 

最後にこの協会に関わっていくことにおいて、とても素晴らしいと思ったことがあります。

それは、「仲間との繋がり」です。

 

 

小林先生は自分が参加するセミナーに誘ってくれたり、また協会が出展するイベントに出展者サイドとして参加したり、普通に整骨院をやっていたら体験できないことがたくさんありました。

 

 

また分院のオープニングイベントの際に、会員の先生方が多数お手伝いに来てくれました。

 

 

これも今では70名を超える協会仲間がいるから出来る事です。

 

 

私にとっての「猫背矯正」とは本物の技術を磨きながらも、人として大きく成長できる仲間を増やせる事だと思います

患者様が喜び、仲間が喜び、自分が喜べる方法を持つ。

だから、商売繁盛・人間繁盛・人生繁盛できるのだと言う事を多くの人に伝えていきたいと思います。