患者様が飽きずに 継続して来院する秘訣

Share on Facebook
Share on LinkedIn

 

 

 

数回にわたり
セルフケアを伝えるコツを
お話ししてきました。

 

 

とはいえ、患者様も人ですから、
いくら簡単なものであっても、
なかなか継続するのが難しいものです。

 

 

ここでポイントを2つ挙げます。

 

 

1つめは、
円背型ならこのパターン
前肩型ならこのパターン

というものを作ってください。

 

 

2つめは、
それを極力小出しにすることです。

 

 

これは一番大切な
患者様に継続してもらう
ために重要なことです。

 

 

患者様に一度に伝えるのではなく

 

「今日はこれです。
来週はこれを教えますね。」

 

予告をしましょう。

 

よろしく

 

せっかく整骨院に通い始めた方が
継続しなくなる理由って
何だと思いますか?

 

 

それは、

 

「意味がないのでは・・・」

 

と感じてしまうことです。

 

 

昔の拷問の一つに

 

意味がない作業を延々とさせる」

 

というものがあったそうです。

 

 

スコップで1日中穴を掘らせる。
翌日は1日中掘った穴を埋める。
これを繰り返した人間は…

 

ほとんど死ぬそうです。

 

 

人間には「意味がない」ことは
続けられない性質があります。

 

 

絶望

 

 

予告をすることで患者様は
近未来のゴールが見えます。

 

 

宿題を出すことで患者様は
継続することができます。

 

 

日本人は特に真面目ですからね。

 

 

しかし、本質だけは
忘れないようにしましょう。

 

 

治すという目標に向かって

 

施術をキチンと受ける
セルフケアを実行する
マインドを正しく持つ

 

 

この3要素をひとつひとつ
キチンとクリアすれば
必ず治ります。

 

 

そのための宿題ですよ、
と患者様にキチンと
約束しましょう。

 

 

たったこれだけで、
患者様はアナタにしっかりついてきます。